防災のために保存水を購入

昨今では、防災対策を考えている方々などはとても多いと思います。ご存知の通り数年前に、大きな地震が発生しています。それをきっかけに、防災に関係する対策を色々と考えている方々などはとても多いと思ものです。その防災用品の1つは、水です。やはり水は、人間にとってはとても重要な物品です。生物にとっては水は必要不可欠ですが。防災対策の水は、主に保存水が購入されるものです。そのタイプの水は、長持ちするとのアピールがされているケースがとても多いです。最低でも5年間は保存ができるというタイプのものが見られます。しかしそれも水によって色々と異なります。6年間保存ができるというタイプのものもあれば、7年間など商品によって色々と異なっている訳です。どちらにしても災害が起きる前にそれを購入しておくのは、やはり重要だと思います。

販売されている保存水の価格目安

保存水というのは、災害に備えての水です。昨今では色々な理由によって、それらの水を購入している方々などは多いと思いますが。ところで、保存水というのは一体どれぐらいの価格になっているものなのでしょうか。2リットルのペットボトルが6本入っているタイプのものでしたら、次のようなデータがあります。1,200円前後と1,600円前後と1,480円前後と1,900円前後と1,450円前後です。これは販売されている保存タイプの水の価格を、アトランダムに見てみたものです。ご覧の通り、水によって色々と差があることが分かります。そしてこれらの水の平均値を算出すると、1,526円ということも分かります。したがって2リットル入りの保存水の1本あたりの価格は、254円ということになります。市販の通常のペットボトル入りの水よりは、やや割高ではあります。その分、長持ちする特徴がある訳です。

通常のミネラルウォーターと保存水の共通点

多くの保存水は、ペットボトルに入っています。我々がコンビニなどに足を運ぶと、ペットボトル入りのミネラルウォーターをよく見かけるものです。ちなみに私はミネラルウオーター入りの水を、よく飲みですが。ところで保存水の特徴の1つは、天然の水を用いているという点です。というのもほとんどの商品は、天然水を用いているものなのです。しかもそれらの水は、なかなか美味なのだそうです。上記で申し上げたコンビニで販売されているペットボトル入りのミネラルウォーターも美味なものですが。それは保存用の水も同様というわけです。ですのでコンビニに見かけるペットボトル入りのミネラルウォーターとは、比較的似ていると思います。ただしコンビニで販売されているタイプのものよりも長持ちするのが、保存水の大きな特徴です。なお保存用の水のペットボトルのサイズも、2リットル入りや500ミリリットル入りなど様々な種類があります。それはコンビニと同様です。両者の共通点は多いと思います。